2006年9月アーカイブ

オールスター感謝祭番組放送中世界バレーボールチケット特別電話番号で受付。チケットを取れなかった方はチャンスですよ
四日目五位六位決定戦、日本は中国と試合結果、サーブ順、高橋みゆき、荒木、小山、竹下、石川、木村沙織。日本対中国、20対25。13対25、18対25で日本がストレート負けで日本が六位、中国が五位柳本ジャパンワールドグランプリ大会お疲れさま。次の世界バレーを楽しみにしています。世界バレーではメダルをとってください
四日目日本は中国と対戦中、サーブ順、高橋みゆき、荒木、小山、竹下、石川、木村沙織。一セット目日本対中国、20対25。
三日目日本はブラジルと対戦。サーブ順、高橋みゆき、荒木、小山、竹下、石川、木村沙織。日本対ブラジル25対23、22対25、16対対225、17対25で日本が1対3でブラジルに負けました。ブラジル~なかなかワンセットとれなかったけど今回ワンセットをとれたのが救いかな。日本の次の試合は五、六位決定戦になりました。最終戦は勝利で終わってほしい。CS739で18:20分から五、六決定戦放送予定
2日目日本はロシアと対戦。サーブ順、木村沙織。高橋みゆき、荒木、小山、竹下、石川日本対ロシア15対25、22対25、27対29 で日本がストレートまけ。第三セットは粘りがあった。今日はブラジル戦にはぜひ日本に勝利を勝ち取って
ワールドグランプリ岡山大会三日目は日本はブラジルにストレート負けはしたものののアメリカがロシアに敗れたために日本が9月6~10日にイタリア・レッジョカラブリアで進出。決勝ラウンドは3チームずつA組(イタリア、予選3、4位)とB組(予選1、2、5位)の2組に分かれて総当たり戦を行い、各組上位2チームが準決勝に進出。全員でボールをつないで金メダルをめざせ柳本ジャパン。
さて昨日2日日本はイタリアにストレート負けとなった。今日三日日本が決勝トーナメントに進むためには日本がブラジルに勝つかアメリカがロシアに敗れた時点で日本の決勝トーナメントに進む道が残されている。日本がキーとなる選手、大山加奈、木村沙織選手、荒木えりか選手、杉山祥子選手、高橋みゆき選手がポイントとなる。全員でブラジルを倒せ。
さて、ワールドグランプリ2006岡山大会1日目は日本はドミニカ共和国と対戦し、フルセットのうえ3-2で日本が勝利、5セット目ドミニカがマッチポイントをとったが、日本が粘りをみせ逆転し最後は木村沙織選手の得点で勝利。これで日本が現在4位、日本がイタリア戦に勝利すれば決勝ラウンドに進める。全日本女子がんばれー

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年8月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。